AITRIOS

エッジデバイスなどを活用したセンシングソリューションの効率的な
開発・導入を可能にするエッジAIセンシングプラットフォーム

Vision

このエッジが、豊かな未来につながっていく

あらゆるモノや情報がネットワークにつながり、社会を快適に変えるIoT。しかしこれからのIoTはクラウドシステムに頼ったままで進化できるのでしょうか。IoT端末の増加に伴いさまざまなデータをクラウドで処理するため、あらゆる負荷が増大します。そこには膨大なデータ量、プライバシーリスク、通信・処理・分析のレイテンシー、電力消費、サービスの維持、セキュリティの保持といった6つの壁が発生します。それらの課題を解決するため、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(以下、SSS)は新たなエッジAIセンシングプラットフォームを展開します。 それが AITRIOS™です。

「AITRIOS(アイトリオス)」は、本プラットフォームのキーワードである“AI”と、3つのSを意味する“trio S”を合わせた造語です。3つのSはAITRIOSを通して社会に提供していくSolution、Social Value、Sustainabilityの意味が込められています。

このプラットフォームを通じてエッジとクラウドが共働した最適なシステムの開発が可能となり、さまざまな産業に対する新たな価値提供や課題解決に貢献することをめざします。

Value

AITRIOSの活用事例紹介

セブン-イレブン様での取り組みと、AITRIOSのメリットについて、実際にご担当者様に伺いました。

News

2024年05月22日

※AITRIOS、およびそのロゴは、ソニーグループ株式会社またはその関連会社の登録商標または商標です。